お電話でのお問い合わせはこちら電話する

家庭でのレンジフード清掃の限界とプロに頼むべきタイミング

「どのようなタイミングで依頼するとよいですか?」ステラ清掃化学ではこのような質問を受けることが少なくありません。こちらではレンジフード清掃のタイミングがわかるようにまとめています。

目次

ご家庭のレンジフード清掃の実際

家庭での本格的なレンジフード清掃のタイミングとしては年末の大掃除が一般的です。いざレンジフード清掃をするときには油作業であり大変なので様々な工夫をしながら清掃をしている方が多いでしょう。

お湯で温めて油を落とす

袋にお湯と洗浄液を入れてからシロッコファンを漬けこむなどの方法が知られています。ところが「油が思ったより落ちない」という印象があり、実際には多くの削り作業が待っていたということも少なくありません。

実は、はじめ十分な温度のお湯もどんどん温度が落ちていくので、油への効果が徐々に低下していきます。そのため思ったより効果を得られないのです。

ですから、油をすっかり取り除きたいときにはハウスクリーニングの利用を検討するのもよいでしょう

ステラ清掃化学はこうします

投げ込みヒーターを使って油が落ちやすい温度を維持し、専用の洗浄液を合わせて効果を高めます。油落としにはアルカリ洗浄液が有効なので、アルミを変色させないように時間管理をしながら行います。

削りは数回に分けて行い、洗浄液が浸透する範囲で徐々に削り込んでいきます。最終的にはシロッコファンなど本来の素材から油分が取り除かれリフレッシュされます。

レンジフード清掃を
依頼すべきタイミング

「どれくらいで依頼するとよいですか?」という質問をいただくことがありますが、いくつかの観点があります。

推奨される清掃サイクル

1~3年が分解を入れるタイミングです。これ以上になりますと、油の厚みが増し、カビが繁殖したり、悪臭の温床となります。また、油量が多いことにより割増料金での作業となることもあります。

油料理が多い場合

通常:3年に1回
油料理が多い場合:1~2年に1回

どこからともなくする
油のニオイ

ファンハウジングの油は一般的には落としにくいものです。全体的な手入れをしたつもりでも、大量の油が眠っていることがあり「掃除をしたのに油のニオイがする」ということになります。

どこからともなく油のニオイ

スペシャル分解清掃を選びましょう

ファンの不安定な回転

シロッコファンから異音が聞こえる場合は、油の固着によってバランスが崩れているからです。この状態で長く使い続けると回転軸にダメージを与えることが考えられます。吸気効率が低下しているサインに気付いた場合は早めにハウスクリーニングを入れるのもよいでしょう。

シロッコファン付近の異音

シロッコファンの油:持ち込み、分解清掃、スペシャル分解清掃

フィルターの固着

レンジフードのフィルターが油で固着して動かない場合は、フィルター以外の部分にも多くの油分が付着していることが多くあります。この状態で無理をして、フィルターのつまみを折ってしまうこともあります。この場合は無理しないでハウスクリーニングを入れとよいでしょう。

固着の場合は無理しない

分解清掃かスペシャル分解清掃

ステラ清掃化学の
レンジフードクリーニング

ステラ清掃化学では、レンジフードの油分をすっかり取り除き、安全な調理場を取りもどします。レンジフードクリーニングは本格的にやり出すと多くの時間がかかりますので、ステラ清掃化学にご依頼いただけたらと思います。

レンジフードクリーニングのサイクル

3年以内に1回

目次