お電話でのお問い合わせはこちら電話する

レンジフードクリーニングの日々と、ご利用のヒント集

こちらではレンジフードクリーニングについて解説します。サービス利用の参考になればと思います。

目次

レンジフードクリーニングの日々
分解編

レンジフードクリーニングの需要は年末が多いとされていますが、ステラ清掃化学にとっては不定期であることが多くあります。よごれが我慢ならない程度になってからのご依頼が多いようです。

レンジフード清掃を
しているんです

「レンジフードクリーニングは普段からしているんです」とお客様から伝えられました。

「でも油のニオイが気になり始めたのでお願いしました」とのことです。

さっそくファンハウジングまで分解してみると裏側まで油が付着していました。

「ここについているならニオイは取れませんよね」お客さまも納得のご様子でした。

この分解は難しいですか?

と、お客様に質問を受けましたので「難しいことはありません」と答えました。

自分でできますかね?

「もちろんです」と答えました。

ただし道具がないと時間だけ過ぎ去っていくことも事実です。ステラ清掃化学では2時間半~4時間程度までかかることもあります。

ファンハウジングの裏側などの油まで取り除くからです。

適切な洗浄法や洗浄道具を使わなければ倍以上かかってもおかしくはありません。

逆にこれ以上短い時間になってくると、どこかをオミット(省く)する形になるはずです。

ステラ清掃化学ではレンジフード内の油よごれをできるだけ取り除く考えです。

速くキレイにする方法は
ありますかね?

「わたしたちは、速くキレイにする方法を心掛けています。素材や汚れ具合によって速さは変わると思います」とお答えします。

わたしの知る限りでは、作業が速すぎる場合にはオミット(省略)か素材への負担が強まるということになります。あるいは動きが速いから作業も速いということでしょうか。

しかし、洗浄液が実際に油を溶かし始めるまでの時間など必要な時間も結構あるわけです。

ステラ清掃化学の清掃ではサービスごとに清掃範囲の違いはありますが、オミット(省略)作業はしません。状況によりできない場合は代わりになる作業方法を選択するのみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次